まずは質屋さんに相談してみよう

質屋に初めて行った時の話を続けています。

私の年代(40代前半)では、質屋を積極的に利用した人ってそれほどいないんじゃないでしょうか。

20代の頃には、もう消費者金融がしっかりとありましたし、お金を借りようとしたらカードで・・・ということが簡単に出来るようになっていた時代ですからね。

質屋に担保のものを入れなくても、消費者金融なら信用で貸してくれるわけですから、使う事はないですからね。

それに私の若い頃には、質草になるような高級品を持っている人は少なかったですから。

もちろん、高級ブランド品はそれなりに持ってはいましたが、大金が借りられるほどのものではないですよね。

私の母の時代には、着物とか帯とか、非常に高価なものがあって、それで結構なお金を借りられたようですから。

そんなわけですから質屋に初めて行って、「ちょっと鑑定をして下さい・・・」などとバカげたことを口走ってしまったわけです。

買い取り専門店のだした金額が気に入らなかったというのもありますけどね。

で、バッグなどの高級ブランド品と装飾品を12点ほど見てもらいました。

結論から言うと、買い取り専門店より高い金額で・・・というわけではなかったのですが、対応が非常に親切で、「この値段で質入れすることも出来ますよ」とか、これは買い取りに回した方がいいですよ。

とかブランド品の価値についても説明してくれて、助かりました。

それぞれ思い入れがないわけではない高級品ですから、改めて物の価値を考え直す機会にもなりましたね。

質入れの仕方については…質屋での質入れとはどんなシステムですか?ちなみに査定価格50万のダ… – Yahoo!知恵袋