アーカイブ

まずは質屋さんに相談してみよう

質屋に初めて行った時の話を続けています。

私の年代(40代前半)では、質屋を積極的に利用した人ってそれほどいないんじゃないでしょうか。

20代の頃には、もう消費者金融がしっかりとありましたし、お金を借りようとしたらカードで・・・ということが簡単に出来るようになっていた時代ですからね。

続きを読む

昔ながらの質屋の目利き

先日、質屋に行った話をしましたよね。

その質屋に行く前に、最初に寄ったのが高級ブランド買い取り専門店のチェーン店。

最近、よく見かけるようになったチェーン店で、広告も多いし、これなら大丈夫かなとまずは行ってみたわけです。

でも、ハッキリ言って気に入りませんでした。

ヴィトンのバッグと財布、それからダイヤ入りのチェーンを鑑定してもらったのですが、熱心に調べた感じはなく、ただファイルのようなものを取り出してパラパラとめくると、金額だけを言って来ます。

こちらは素人ですから、これくらいの値段なのか・・と思うだけで、全く反論する材料とかはないんですが、一応、「もうちょっと」というと、「これ以上は無理です」とあっさり答えられてしまいました。

テレビで見ていた時は、非常に熱心に細部にわたって見てくれていたと思うんですが、そのあたりも雑で・・・・。

新しく開いたお店でしたし、まだ店長は素人なのかな?と思いつつ、売らないで帰ってきました。

≫気になる記事:https://www.j-cast.com/kaisha/2017/04/17295816.html

母のものと私のものを持っていったのですが、「売れなかったよ」と母に話すと、「質屋はどうなのかね?」と聞かれました。

なんでも父と結婚したばかりでお金がなかった時には、母はたびたび自分の着物を質屋に入れていたことがあったそうです。

質屋の場合、買い取りではなくてお金を貸してくれるという機能が主なんですが、質屋の目利きは確かでは?と母が言ったわけです。

私も時間だけはいっぱいあるので、それなら質屋に行ってみようかなと思って行ったわけです。