宮城でも変わりつつあるウェディングの形

結婚式は自分が主役になれる日です。

主役になって身内や友人たちに晴れ姿を披露するもので、憧れている人は多いのではないでしょうか。

しかし最近では、結婚式をしないカップルが増えているようです。

結婚式を無しにすることから「ナシ婚」と言われているそうですよ。

【結婚式をしない理由】

結婚式をしない理由としては、経済的事情や授かり婚、そしてセレモニー的な行為が嫌だというのが主なものでした。

結婚式をしなくても、婚姻届けを提出すれば結婚したことになりますからね。

特にお金をかけて式を挙げる必要はないと考える人が増えたようです。

【ふたりだけで思い出作りを】

結婚式はしないけれど、ふたりだけの思い出を作りたいというカップルもいます。

そんな人たちのためのプランも用意されていて、人気を集めています。

ふたりだけの結婚式や式を挙げずに衣装を着て写真を撮るウエディングフォト、友人たちだけを集めてウエディングパーティーを行うなどがあります。

宮城でもウェディングの傾向にそれはあらわれており、こういった形の結婚を選ぶカップルが増えているようです。

【自分たちらしいウエディングを】

結婚する=結婚式というのはかなり前の時代のことで、今は自由に、自分たちらしいウエディングをしようと考えているカップルが多いです。

今はどんな形の結婚でも受け入れられるようになっていますので、自分たちらしいウエディングを選ぶようにしましょう。

宮城で行われる結婚式も昔からあるような形ではなく、色んな結婚の形があるようです。